ダービーインパクトのクロフネにおすすめの配合

2013-09-18_111815ダビパクでは、9月9日からレースビンゴというイベントが開始され、上位に食い込むにはイベント対策種牡馬のクロフネ産駒を大量に使わないといけません。

そこで、今回はニックスが作りにくいクロフネにおすすめ配合をご紹介します。

Dメダル 裏ワザ


クロフネの能力

クロフネの能力はそれほど高くなく、スピードと根性が最高でA+です。

脚質も万能なので、まさに今回のイベント以外にあまり使い道がないという悲惨な種牡馬です。

2013-09-18_111325

 

クロフネの親系統はヴァイスリージェント系で、ニックスはボールドルーラー系しかありません。
ダービーインパクトの配合時の相性の良いニックスとは?
(※全てを調べたわけではありません)

なので、ニックス配合が作りにくく最強馬を作るのにはあまり適していません。

 

クロフネにおすすめの繁殖牝馬

さて、ここからはクロフネにおすすめの配合について解説しますが、やはり今回のイベント用に解説していきたいと思います。

先程も言いましたが、クロフネはヴァイスリージェント系なので、ニックスが成立するのは「ボールドルーラー系」のみです。
(全てを調べたわけではありません)

ニックスについてはこちらの記事を参照
ダービーインパクトの配合時の相性の良いニックスとは?

 

まず1つ目のおすすめ配合が、シングルにックスを成立させる「スーベレーン」です。

ニックスを成立させるためにはボールドルーラー系の親系統がいる繁殖牝馬が必要ですが、セリで購入できるボールドルーラー系でもっとも優秀なのは、ランクBの「スーベレーン」です。

2013-09-18_113254

 

スーベレーンだとシングルニックスしか成立しないため、産駒はあまり優秀なのが産まれませんが、だいたいB~Aの産駒が産まれるので、イベント用には問題ないレベルです。

私自身まだこの配合からS以上の馬が産まれたことはありません。

Screenshot_2013-09-18-11-37-00

 

そして、2つ目のおすすめ配合が、ダービーインパクトでは大人気の繁殖牝馬「ミドガルズオルム」です。

2013-09-18_113314

 

親系統がリファール系・ニジンスキー系・プリンスリーギフト系なので、ニックスは成立しないですが、ラインブリードが発生します。

Screenshot_2013-09-18-10-36-40

 

ランクもA同士なので、産駒もだいたい素質Aの馬ばかり産まれてきます。

一度だけ素質Sの競走馬が産まれました。

G1もなんとか勝てるレベルの馬たちなので、資金に余裕があるならばミドガルズオルムを購入してクロフネ産駒を量産しましょう。

 

個人的にはスーベレーンよりも、ミドガルズオルムの方がおすすめです。

Dメダル 裏ワザ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ